« 「かたこり整体院」出現! | トップページ | 玉置浩二 »

2005/03/01

オペラ座の怪人

 先月はすっかり忘れてしまったけど、「映画の日」でしたので、今日もがんばって大泉学園へ。
 今日は、以前他の映画を観に行ったときに予告で観てすごくかっこ良かった「オペラ座の怪人」。いやぁ、なんてったって、古いシャンデリアが上がっていくところ、あの音楽、素晴らしいよねぇ。。。。。。
 もちろんすでに古典であり、ブロードウェイ・ミュージカルで昔から人気だっていうのは知っていました。顔半分の仮面をつけたファントムも有名です。
 前にも書きましたが、ボクはミュージカルが苦手です。
 話の中で自然に歌が入ってくるならまだしも、セリフを歌ってしまうのは、、、、、、、、、、やっぱ不自然。いつまでたっても慣れません。ストレートプレイが続いているところへ、突然セリフが歌になってしまうと、それまでスクリーンに没頭していたのに、急に劇場の壁が見えてきたりしてしまいます(^^;。
 で、この映画は、、、、、、、
 ミュージカルでした。。。。。(T_T) それも、かなり激しく、のべつまくなし歌いまくり。。。。。
 ええ、ええ、美術は素晴らしかったです。確かに音楽も美しかった。まるでディズニーランドにいるみたいでしたよ。
 しかしやっぱり、ボクにはどうしても受け入れられない文化の違い。。。。。。(^^;


 「オーシャンズ12」にすればよかった。。。。。。。


しかしですね、このパンフレットの表紙のファントムの仮面、顔の逆側についてるんですが。。。。(^^;

|

« 「かたこり整体院」出現! | トップページ | 玉置浩二 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

オーシャンズはそれはそれでがっくり来る映画なのでお勧めしませんよ。
映画の日に見るなら仕方ないと思える映画、といえなくもないですが。

投稿: のもと | 2005/03/02 10:04

おっと、のもとくんだ(^^;。
うん、オーシャンズとオペラザしか選択肢がなかったんですよねぇ、この劇場。あとは、着信アリと呪怨でしたから、ボクはそっちでもよかったんだけど、一緒に行った人がそれ系嫌いで。。。。。(^^;。
じゃぁやめればいいとも思ったんだけど、オーシャンズは、11のときにあまり楽しめなかったし、あれはマニア向けの映画だと思っているので。。。。(^^;。
MAKOTOをやっていれば、それがよかったんだけどねぇ。

投稿: 罰 | 2005/03/02 10:47

昨日私も迷ったんですよね。レイを観ようと思って、結局時間が合わずにナニも観なかったけど(^_^;)
そうか、ミュージカルだったのか。DVDを待とう(笑)

投稿: | 2005/03/02 19:09

ワタシはBUKU割引で「ビヨンドtheシー」を観ました。これもミュージカルといえなくもないかも。おすすめではありませんが、1,000円で観られるんだったらまあまあかと。昨晩BSで「オール・ザット・ジャズ」をやってたけど、つい全部観ちまった。これは好きな映画で、やっぱりDVD買おうっと。

投稿: ケイティ | 2005/03/04 00:04

> オーシャンズは、11のときにあまり楽しめなかったし、あれはマニア向けの映画だと思っているので。。。。(^^;。

編集がややトリッキーなので、そういうのになじむかどうかってのは大きそうですね。私はかなりのめり込んで観ましたが(^^;)。

『オペラ座の怪人』は、ガストン・ルルーの原作はわりかし普通のミステリだったような気がします。今回プロデューサーについているアンドリューという作曲家は、なんつっても『キャッツ』の作曲家ですからねえ。週末に見に行ってこようかなあ…。

投稿: れん | 2005/03/04 04:12

はじめまして。
室井祐月さんのHPから参りました。
私もパンフを買ったのに、まったく気が付きませんでした(--;
ひとつTBさせてください。

投稿: ahaha | 2005/03/09 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/3137105

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

» Once more! 「オペラ座の怪人」(2004) [◆Ahaha堂おばはん本舗◆]
28日、もう一度、2004年版を見に行ってきた。 2004年版以外に見た3本(1924・1998・1990)の映画が、どれもかつて見た「わが幻の『オペラ座... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 14:53

« 「かたこり整体院」出現! | トップページ | 玉置浩二 »