« 初日の出 | トップページ | MONSTER »

2005/01/03

Mr.インクレディブル

 結局キャンセル待ちをしていた軽井沢も空きが出ず、仕事をしながらの正月だ。
 正月だというのに、家族全員が揃ったのは、2日の夜だけ。すでに、家で待つ親の時代が始まっているんだなぁ。。。。。昼間は、バイトに行っているおねーさん以外の家族で、東伏見稲荷へ初詣。さらに吉祥寺でFrancFrancの福袋などを買う。FrancFrancの福袋のガワは今年はキャスター付きのケース。毎年パッケージに趣向がこらしてあるのが楽しみ。中身はいまいちだったけど(^^;。
 バイトから帰ってくるおねーさんを捕まえてそのまま映画館へ。家族全員が揃っての唯一の時間は劇場となった。

 「Mr. インクレディブル」。最初の予告編を観たのは、いつだっただろう、、、、忘れてしまうくらい前だよね。あぁPIXARだから、予告編にもなっていないやつだったか。たぶんそのときも家族で観ていたんだと思うけど、みんなで、絶対に観に行こうね、と意見が合った。
 さて、いやホント面白い。でも子どもにはわからない部分もたくさんあるよね。子どもは大きくなったからDVDで観直して、あぁこういう話だったのかぁ、と思うんだろうな(^^;。
 PIXARアニメも宮崎アニメと同じくらい(いやもっとか(^^;)ブランド化しているので、あちこちで、いろいろと感想やら解説やら聞こえてくるけど(インターネットが行き渡るようになって、それはもうものすごいよね)、まぁ、観てしまえば面白いのはどっちも同じで、それだけでボクは大満足なのであった。
 DLPで吹き替え版ってのを観たのだけど、DLPはやっぱきれいよ。この手のアニメはホント効果絶大(^^;。
 エンドロール、何かのパロディなのかぁ、、、、、どっかで観たことあるようなこの雰囲気。でもよくわからない。。。。残念(^^;。

 ところで、高田伸彦、小倉智昭は、誰の声をやっていたんだろう。。。。。。そして、車庫の前で三輪車に乗っていた男の子は?さらに、エドナ・モードの吹き替えはブラッド・バードってなっているんだけど、、、、、、?(^^;小さな謎がポロポロと。。。。。

|

« 初日の出 | トップページ | MONSTER »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

> エンドロール、何かのパロディなのかぁ、、、、、

007シリーズのオープニングタイトルですね。音楽も007風。

投稿: れん | 2005/01/03 21:53

> 007シリーズのオープニングタイトルですね。音楽も007風。

あぁ、そうだっけ。そうだったっけね。
007ってまじめに観てないかも(^^;。ひととおりテレビでやったのは観てるかもしれないけど。。。。。。

投稿: | 2005/01/03 22:35

観直してみないと自信がないけど、初代ポンドの時代へのオマージュじゃないかなと思います。手がけたのはモーリス・バインダー。

で、007ライクなグラフィカルなオープニングはテレビ版の新ルパン3世で使われています。新ルパンの方は宮崎駿は(カリオストロの城を手がけた後で)、特別演出みたいな形で2話手がけています。ディズニーのアニメーターなら観ているはずなので、間接的には宮崎駿ってセンもあるかもしれません(ちょっと勘ぐりすぎかも)。

なんか、謎のトラックバックがありますね…。

投稿: れん | 2005/01/04 00:14

 ふむ、パロディではなくオマージュか、まぁ、イマドキだとそうだよね。
しかしあれだ、「オマージュ」って言葉がボクの中に入ってきたのは、ごく最近のことでね、ついパロディってのを使ってしまう。「リスペクト」なんて言葉もけっこう最近(最近っていうのは10年以内って感じですかね(^^;)インプットされた言葉でねぇ。。。。。。
 つまり、「パロディ」には、風刺的という意味だけではなく、「オマージュ」に含まれる尊敬、敬意、賛辞、献辞なんていう意味も入って使っておりましたです、はい。
 パロディって、軽蔑的な意味だけではないと認識していましたし、アート界では、そうやって使われてきていると思います。(パロディを作るときには、元の作品に思い切り敬意を払っていましたからね)

 まぁでも、「オマージュ」問い言葉がでてきたのだから、それを使うのが正しいでしょう。気をつけようっと(^^;。

 ちなみに、ボクが傍らに置いている「三省堂デイリーコンサイス国語辞典第2版:1996年第8刷」には、「オマージュ」は出ていませんでした(^^;。

投稿: | 2005/01/04 03:39

 さっきMr.インクレディブルのパンフレットを読んでいた小学生の娘が、このエンドロールの話で「これはPowerpuffGirlsでやってたのとよく似てるよね、音楽もそんな感じだったし」ってなことを言ってました。確かにそうだったかも。。。。。。

 小倉智昭は、ボブの上司だったのね。

投稿: | 2005/01/04 11:58

> パロディって、軽蔑的な意味だけではないと認識していましたし

ああ、そうだと思いますよ(^^;)。ネットで調べるとこんな感じですね。

…(略)風刺・滑稽を感じさせるように作り変えた文学作品(略)…[© 三省堂]

映画なら、ユーモラスな引用ってところでしょうかね。元はフランスだし。オマージュっていうともうちょっと広い?感じがする。

> これはPowerpuffGirlsでやってたのとよく似てるよね、音楽もそんな感じだったし

『パワ-パフ・ガ-ルズ』もスーパーマン映画やスパイ映画のパロディですからねえ。

ああ、そうか。『スパイ大作戦』なんかもあったなあ…。

投稿: れん | 2005/01/04 13:57

インクレディブル、実は、私は、期待しないで見たので、がつーんとやられました!楽しませるってこういうことなんだわ!と思いました(^^)

投稿: まいきぃ | 2005/01/05 13:30

めちゃ楽しいMr.インクレディブル直後に観たレディ・ジョーカーは、残念ながら、独りよがり的でしたねぇ。。。。。

投稿: | 2005/01/06 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/2455193

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.インクレディブル:

» 初詣にいつ行くべきか?(裏技) [囲碁Blog]
お正月ネタ(年賀状等)に対してびっくりする位コメントや トラックバックを頂きました。 非常に反響があったので関連して初詣について考えたいと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2005/01/03 16:45

« 初日の出 | トップページ | MONSTER »