« 年賀状動向回発送 | トップページ | ハウルの動く城 »

2004/12/19

TheLastSamurai

 今さらなんですが、「ザ・ラスト・サムライ」観たです。
 トム・クルーズって好きなんです。渡辺謙も、真田広之もいいですね。あ、小雪さんもすてき。
 幕末の日本を舞台にした戦争映画でした。
 インディアンと侍。滅んで行ったものたちとして比較するにはちょっと違うけど、人間の尊厳を大切にしていた、そしてそれが損なわれたときに人は戦うのだ。そんなふうに言っているんだと思った。
 戦争には、大義がやはり必要なんである。それでも戦争をしないで済ませる方法はないのか?この映画でも、やはり美化されてしまっていた。
 もう、戦争映画で感動はしない。所詮戦争映画なんだ。感動を与えるような作り方の戦争映画は不要なんじゃないのか?プライドや大義で、戦争をしてはいけないんだよ。
 それとも、こういうものは、ファンタジーとして観なくてはいけないのだろうか、歴史上のセンチメンタリズムとして受け止めなくてはいけない?

 最近、戦争映画と恋愛映画は、観たあとに、ついつい「所詮〜」と思ってしまうことが多いなぁ。。。。。

|

« 年賀状動向回発送 | トップページ | ハウルの動く城 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

> 「ザ・ラスト・サムライ」観たです。

なんか小学生の作文の出だしみたいでステキです(^^)。

投稿: れん | 2004/12/19 13:27

> 歴史上のセンチメンタリズムとして受け止めなくてはいけない?

たとえば明治維新がなければ今の我々の生活もないわけで、まあ、あれはクーデターだからちょっと違う?

かの1年戦争は一種のクーデターでもあり、戦争でしたが、なんかあれはザビ家の野望だけという感じで、あんまり意味がなかった人が不幸になるだけの戦争だと思います。てことは、「大儀」が真っ当なものかどうかってのはありそうですね。

『もののけ姫』で森と人とが闘ったのは、あれはもうなんか、やむなしですよね。人がそういう方向に進化してしまった以上、遅かれ速かれ起きてしまったことですよね。森から古き神々を追い出し、豊かな国を作ろう、というエボシの近代的な思想は、人間にとっては正しいものであるし、森の神々にとっては森を守ろうとするのは当然だし。

第二次世界大戦だと、詳しいことは知らないんだけど(^^;)、「大東亜共栄圏」っていう思想自体は大きく間違っていないと思うのです。アジアで経済圏を作ろうというのはまさに今の時代の動きですし。

投稿: れん | 2004/12/19 13:49

> たとえば明治維新がなければ今の我々の生活もないわけで

いやね、それはそれなんですよ。あんな形の明治維新など不要でしょ。その先どうなるとか関係ないです、はい。「戦争」はいらない。それだけです。戦争のある政治は不要ですね。

投稿: | 2004/12/19 19:01

> あんな形の明治維新など不要でしょ。

まあ、ハッキリしていてわかりやすいけど…(^^;)。

投稿: れん | 2004/12/19 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/2309150

この記事へのトラックバック一覧です: TheLastSamurai:

« 年賀状動向回発送 | トップページ | ハウルの動く城 »