« 矢野顕子さとがえるコンサート2004 | トップページ | 確認。クロスファイア »

2004/12/15

求人

「デザイナーズ年鑑を見てお電話しているのですが、面接だけでもしていただけないでしょうか?」なんていう電話がかかってきた。初めてだ。
 WorksCorprationのデザイナーズ年鑑に載せてもらってから、利殖やマンション経営の勧誘、イラストレーターやフォトグラファーの売り込みはあったけど、就職希望者は初めて。ウチの息子もちょうどそんなこと考える時期になろうとしているので、他人事ではないのだけど、マトモな就職活動などしてこなかったボクにしてみれば、こんなボクのところに就職希望の人がいるなんてことはとても意外。
 彼女は、本を見て、順番に電話しているのだろうか。大変だよね。

 で、自分のデザイン学校の卒業の頃を少し思い出した。

 ボクの就職歴は、約1年。4年の秋くらいになって、周りが就職が決まったとかって話を聞いて、あぁ就職しなくちゃいけないのかな、と、朝日新聞の求人欄を見て、いくつかの大手デザインスタジオとかメーカーなんかにやっつけの作品と履歴書を送ってみた。(今にして思えば、誰かに師事するっていう選択肢が思い浮かばなかったのが残念。やっぱ徒弟制度か天才の世界だからさ(^^;) でも、特記事項のところに普通免許とか珠算2級とかスキ−3級とかって書いてもしょうがないんだよねぇ。唯一それっぽいのは日本グラフィック展佳作だけど、佳作じゃなぁ。。。。。。。。結局どこからも無反応。 そりゃそうだ(^^;。
 で、まぁ、就職課の先生が、ちょっとこういうのあるんだけどって紹介してくれて、B全のウッドのパネル張りの作品をいくつも抱えて、小さな「あるふぁ工房」というSPデザインプロダクションに面接に行って、「じゃ、明日から来れる?ちょうど忙しいから」って、まるでバイトでも決めるように決定。翌日から徹夜の日々が始まったのでした。で、1年くらいして辞めた。
 それからはずっとフリーだ。

 あー、それで、こないだの電話だけど「ウチは求人とかしてないんだ、、、。」で切っちゃったんだけど、会って話を聞いてあげて、作品も見てあげればよかったかな、って、今になってちょっと後悔。彼女たちは、不安だし、必死なんだよね。ボクなんかの意見でも少しは参考になるかもしれないものね。
 今度電話があったら、もう少し聞いてあげよう。

|

« 矢野顕子さとがえるコンサート2004 | トップページ | 確認。クロスファイア »

デザインとしごと」カテゴリの記事

コメント

あぁとんでもない天才だったかもしれないのに(笑)
そろそろ弟子でも取ったら?(笑)

投稿: | 2004/12/19 11:10

弟子ねぇ、、、、、後世に伝えることなど、何もないですよ?(^^;

腕と気の合うパートナーは、もちろん何人でも組みたいですけどね。

まぁ、ボクの老後の面倒を見てくれるために代わりに仕事をして金を落としてくれる後継者なら、いいかもしんないけど(^^;。
もともと師匠の技を盗んで、独り立ちしてゆく世界ですからねぇ。。。(^^;

投稿: | 2004/12/19 19:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 求人:

« 矢野顕子さとがえるコンサート2004 | トップページ | 確認。クロスファイア »