« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

大晦日

 大雪で楽しいねぇ。。。。(^^; 大変で困っている人もいるだろうけど、ボクはうきうき。
 昼間、仕事の気分転換にザクッと年賀状をやって、出してきた。今年は150枚。去年来たものと宛名職人のデータを見比べながら、抽出、修正。ウチのレーサープリンタ、毎年手差し機能がタコで、だめなので、今年は先週のうちにメンテに来てもらって、ひととおりチェック。でもやっぱ手差しだと、サテ金180の紙は滑る。
 しょうがないので、用紙カセットに入れることに。これが大正解。1枚の失敗もなくあっという間に150枚の住所が刷り上がった。これに切手を貼りつつ、一言書いたり書かなかったりで完成。去年までは、トナーにオイルが乗ったり乗らなかったりで、ほとんど消えかかっている宛名面のハガキが続出。それでもちゃんと届いてるから、郵便局はけっこうすごいね。
 3時くらいにポストに入れたけど、まぁ明日には着かないだろうね。
 さらに気分転換、風呂の大掃除。カビキラーのにおいに死にそうになる(^^;。
 さてさて、まだまだ仕事だ。でもPRIDE、紅白、レコード大賞と、テレビも大忙し。やっぱモニタの隅でテレビを見れるようにしないとだめだなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/12/29

雪がどんどん降って

 たぶん、今日の東京人の日記は、これが多いんだろうなぁ。。。。。
 昨夜(って言っても明け方のの5時くらいだけど)寝るときに寝室があまりに寒くて、トレーナーなんかを着込んで布団に潜り込んだんだけど、朝起きると(って言っても10時くらいだけど)雪だった。

 東京は初雪ですね。
 おとといディラーに行って、半年点検とタイヤ交換をしてきたばかりなので、雪は全然オッケイ(^^;。
 な〜んか、ボクがタイヤ交換をすると、雪が降るって感じがしないでもない、ここ数年。。。。ま、気のせいだろうな、12月中に東京に雪が降ったのってないもんね、たぶん。トシとると、昔のことが何かのキーワードで昨日のことのように蘇ってくるんだよなぁ。。。。今年は雨男を返上しているので、雪男なんかになってはならん。

 あー、山に行きたいなぁ。。。。。

 今日は、なんだか荷物が各方面から届く。あぁ、ウチも、親類の子のところにお年玉とか送んなきゃ、、、、、。
 ともあれ、いまいち鈍痛の抜けないからだを押して、仕事は続いているわけで。。。。。結局、年末年始、東京に居ると決めると、仕事納めとかってのはないな。年賀状の住所書きはまだやっていないし、自宅用の年賀状の印刷もやってないし。。。。。。大掃除?適当だね、日々少しずつやるけど、代わり映えはしない。唯一やったのがタイヤ交換。

 今日は夕方羽田に行ってこようと思っていたんだけど、どうなることやら。。。。

 結局夕方にはこんなかんじ。
 羽田に迎えにいこうとしていた飛行機も時間がひどくずれてしまったようなので、中止。羽田の帰りに東京駅でミレナリオってのをどんなもんか見てこようかとも思っていたのだけどね。
 大晦日も雪の予報だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/28

2004年のライブ。

 さて。まだまだ積み残しの仕事や家のことに埋もれつつ、ちょっと今年のライブをまとめておくかな。

 --------------------------

 今年はいきなり超大物から始まった。

 0118/MISIA@東京ドーム
 この席の悪さでも感動したMISIAで、ボクはファンクラブに入会。次回確実にいい席をもくろむ。

 0124/奥井亜紀@渋谷O-Crest
 今年奥井亜紀がたくさんやったアコースティックライブの1回目。じつはバンドライブの方が好きなのだが、唯一秋にやったバンドライブには行けず、悔しい思いをする。

 --------------------------

 0219@八王子/0229@渋谷公会堂/ヤイコRocks50Round
 ヤイコの全国50ライブツアーが始まる。八王子市民会館、渋谷公会堂と、ほぼ連ちゃんで出かける。

 --------------------------

 0306/クラムボン@SHIBUYA-AX
 初クラムボンは、オールスタンディングではけっこう好きな渋谷AX。あまりの渋さにブッ飛ぶ(^^;

 --------------------------

 0411/一青窈@NHKホール
 これまた何度でも観たい聞きたい一青窈。その後は、あまり行きやすいところではやってくれない。来年はあるかな。

 0417/エクウス@浜松町自由劇場
 四季の演劇。馬だよ。シンプルで力強い演出。さすがにテーマは古くなってしまったが。。。

 --------------------------

 0505/玉置成美@NHKホール
 ソーゴー東京のご招待が当った。3階の一番端だったけど、今どきのソロアイドルコンサートはこういうものなのか、、、、って、小学生の娘と行った。玉置成美はすっかりT.M.とセットで、ガンダム屋になっているねぇ。

 0508/クラムボン@新宿スペースゼロ
 不思議な、4面客席のライブ、2列目。まったり。。。。。(^^;

 0509/SonyMusicFes@渋谷公会堂
 中島美嘉目当てでSonyのキャンペーンライブへ。このときの中島は、新人離れしたノリで良かったのだが。。。。

 0528/中島美嘉@東京国際フォーラム
 次回に期待って感じの初ツアー。自力がまだまだないのが発覚、中島。これからだ。

 0530/ヤイコRocks50Round@日比谷野音
 なんと5月は5個目のライブだ。野音はいいね。小さいし。客の一体感もバッチリ。

 --------------------------

 0611/斉藤和義@O-East
 これまた念願の斉藤和義。一人で開場の後方にいたんだけど、かなりパワフルで、頭がクラクラ(^^;。

 0625/橘いずみ@四谷天窓(さいはて2)
 初のナマ橘は、ライブイベント。まだまだやれる。

 0630/UA@渋谷公会堂
 さらに念願のUA。渋すぎ!

 0630/花実@高円寺ペンギン
 なんと、ライブのハシゴ。デビュー前の花実ちゃん。今頃どうしてる? 
 
 --------------------------

 0703/中尾友香@sibuyaClubAsiaP(HumanRingProject)
 対バンイベントでの中尾友香。まだ頭角を現さない。。。。

 0722/Chara@Shibuya-AX
 これまた、初Chara。完全な自由人、姫であった。納得(^^;。

 --------------------------

 0801/ハロプロ@代々木体育館
 モー娘。は楽しい。曲も知ってる曲ばかりでノリノリ(^^;。でも客は、ボクとは文化が違うって、感じ(^^;。

 0807/ヤイコ@横浜みなとみらい
 でかい会場だった。。。。。。

 0813/高校野球@甲子園球場
 出身校が出場したので、見に行ったよ。負けたよ(^^;。でも南北海道代表の駒大苫小牧が初優勝。

 0821/矢野絢子@Sleeper'sCafe代官山
 アンコールが朗読でビックラ(^^;

 0828/a-nation@立川昭和記念公園
 お目当てはE.L.T.。でも大塚愛も良かったよ。大雨で寒かったなぁ。これに行ってから半年体調を崩す。

 --------------------------

 0918-19/MotoGP@ツインリンク茂木
 音楽じゃないけど、バイクの世界選手権。これまたライブなのだった。

 0923/東京都吹奏楽コンクール@普門館
 昔吹奏楽部だった頃のあこがれの地普門館。WeatherReportのライブで行ったことがあるけど、吹奏楽を聴くのは初めて。歴史を感じる宗教施設だった。

 0928/橘いずみ@渋谷O-West
 渋谷のラブホ街。このあたりには、今年は何度も行っている。ラブホとライブ、、、、何か関係があるのだろうか? そんなことは置いといて、橘いずみソロバンドライブ。いいよ、いいね。

 --------------------------

 1008-10/F1日本GP@鈴鹿サーキット
 これまた音楽じゃないけど、ライブだ。今年は台風で予選がつぶれちゃって、1日で予選と決勝をやった歴史的なグランプリだった。

 1025/太鼓の集い@東久留米市民文化祭
 和太鼓は、奥さんがやっているせいもあり、たまに観に行く。これは、地域の太鼓チームが毎年集ってやるイベント。

 1030/原田郁子@九段会館
 クラムボンだけじゃなく、ソロ活動も始めた郁子さん。でもバンドがいいと思うよ、やっぱ(^^;。

 --------------------------

 1106/デンキネコ歌舞伎町チャンピオン祭
 これまた音楽じゃないけどね、ライブパフォーマンスだったし(^^;。

 --------------------------

 1203/秩父夜祭り
 寒かったねぇ。でも今年はあったかい方なんだろうなと思う。次回は、昼間から楽しみたいなぁ。

 1211/矢野顕子@NHKホール 
 初ナマ矢野顕子。もう若くないね。でも矢野顕子。くるりと一緒にやった。

 1223/ヤイコ@東京ドーム
 最後のドームツアー。来年は、小さなハコでアコースティックに。

 --------------------------

 いやはや、33個のライブに行ってる。でも、みんなそれなりに楽しいし、エネルギーをもらえるし。来年もたくさん行く(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/27

ココログの新規作成画面

 なんだか最近、webブラウザを3種類何の気なしに使ってるんだけど、こうして同じところを違うブラウザで見るのって、やっぱ違いがあって面白いね。今さらだけど(^^;。

 上から、IE、Safari、Firefox。それぞれココログの新規記事作成画面(見えにくいので、色は少し濃くしてある)。一番上の「確認」「保存」ボタンのデザインとかカテゴリ選択ボタンのデザインもいろいろ違うんだけど、一番の違いは、記事の内容の右上のボタン。いやはやこんなに違う。ボクはMacだけなんでこんな程度。他は、もっと違うのかな?
 IEとSafariは、「画像の挿入」と「ファイルの挿入」のボタンだけだけど、Firefoxは「太字」「斜体」「下線を挿入」「リンクを挿入」「メールアドレスを挿入」「引用文」がプラスされている。どこかに、このボタン表示の設定があるかどうかは見つけられなかった。
 知ってる人は、知っているのでしょうね(^^;。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/12/24

矢井田瞳 Dome Live 2004 "Music in the Air"

矢井田瞳 Dome Live 2004 "Music in the Air"
2004.12.23@東京ドーム/アリーナ/B2/58

 ボクにとって今年の締めくくりのライブ。もうドームライブはやらないというヤイコ最後の東京ドーム(実際は年越しライブを名古屋ドームでやるのが最後)。
 じつは今回は、さっぱり「予習」というものをしていなかった。ここのところ、なんかヤイコな気分ではなかったのだ。出かける直前に聞いていたのはU2だったし(^^;。
 いつもだと、1週間くらい前からヤイコのアルバムをひととおり聞き倒して、当日も行きの電車でIPodはヤイコをリピート。。。。。ってパターンなんだけど、iPodは出がけに充電切れが発覚、、、。

 まぁでも最後の東京ドーム。初めてヤイコを3年前に聞いたあの寒々しかった3階席のドームへのリベンジが、カタコリくんがオークションで勝ち取ってくれた、あこがれのアリーナ。
 開場時間の30分くらい前に到着、さっそくグッズ売り場へ。ここのところグッズ買いに精彩を欠いていたので、Tシャツ&前掛け&タオル入り福袋と、パーカーと、ストラップを、迷わずゲット。
 走行している間に開場時間となり、おそらく野球の試合のときには選手だけが使うのであろう外野の急な階段を下りて、初の東京ドームアリーナに降り立つ。相変わらず冬の東京ドームは、寒い(^^;。
 地面とかフェンスとかの確認をして(あぁ、やっぱ選手が当れるように微妙に柔らかいんだねぇ、、、とかだ(^^;)いるうちに、ライブは開始。
 いきなり消える客電が、すでにロックだなぁ(^^;。ステージ両サイドに巨大スクリーンがあったのだけど、ステージが始まった瞬間にヤイコのバックに6面の連続巨大スクリーンが現れて、度肝を抜かれる。カッコイイ!(^^;
 それからあとは、いつもの陶酔の世界。ステージセンターからはかなり遠かったけど、ステージの端の部分からは5、6列しか離れていなかったので、3度もヤイコがやってきて、今までで最も接近して、これまた興奮。さらに、今回は足場も良く、席間の余裕もあったので、今までにないほどのジャンプの応酬(^^;。

 年甲斐のない幸せな時間を、思い切り過ごさせていただきました。


 終了後の外は、クリスマス気分一色。ドーム界隈はイルミネーションと人の波。
 ボクらは安居酒屋で反省会をして、お開き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

鍛え方

 いやぁこの時期、何か書くと、どうしても1年のまとめ的になってしまうわけなんだけど、今年は自分のカラダのことについていろいろ考えた年だったよ。
 去年の暮れからスポーツクラブに行くようになり(週に1回行くかどうかって、ていたらくなんだけどさ)、カラダを見直し始めたのもつかの間、2月には入館結石の激痛でのたうち回り、5月は健康診断で、尿酸値多すぎ、って言われ、さらにB型肝炎のキャリアの烙印を押され、でも体重は減り続け、6〜7kgはダウンしたにもかかわらず、ここにきて再度尿管結石だし、咳ぜんそくだし。
 なんだかなぁ、、、、、、こうやって、年とると、病院通いが普通になっていくのかなぁ、、、、。まぁ、病院って嫌いではないんだけどね(待ち時間は嫌だけど)、と、深刻ではないので、こんなふうに言っていられる。。。。
 ところで、咳ぜんそくでもらってきた吸引の薬。

 これをそれぞれ、朝夕にヒュッと吸い込むのだ。60回分あるようなので、1ヶ月か(ちゃんとカウンターがついているんだ)。こんなんで嫌な感じの咳が止まってくれるかな?
 まぁ、前に内科医が処方してくれた薬は、全然だったからなぁ、路線が違うこいつで良くなればいいんだけど。

 で、今日もカラダを鍛えには行ってきたのだが、基本的に痩せて、それを維持するためには、基礎代謝率を上げないといけないんじゃない?って思っている。で、代謝って、消費することでしょ?っつーことはやっぱ有酸素運動で、カラダに消費グセをつけてやる(?)って感じなのかな?と、思ってるんだけど、いろいろやりながら、「汗をたくさんかく」のと「心拍数を上げる」のと、どっちに重点を置くのがいいのかが、わからなくなってくる。少なくとも、激しく筋肉を鍛えるのが目的ではないということは確かだと思うんだけどね。
 まぁ、とにかくカラダをたくさん動かさないといけないんだろう、なんだかんだ言っても。ボクの人生の中で、一番意識して運動をし始めているこの時期ではある。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004/12/20

結石

 いやん、またもや尿管結石。
 夜寝ようとすると、何やら背中に違和感。本を読みながら横になり、眠ろうとするが気になって眠れない。そのうちに鈍痛に。。。。。。。あぁ、これは、こないだのアレと同じだよな。そう、尿管結石の痛みだべ。これはだんだん激しい痛みとなって、のたうつことになるのだぞ。。。。。。と黄色信号点滅。
 う〜ん、夜中の3時とかだけど、このまま寝ていても悲惨な目になるだけだよなぁ、一人で動けるうちに病院に行かなくちゃ。しょうがなく車を運転して病院へ。前回の病院は点滴一発で痛みをきれいになくしてくれたけど、その後のフォローがなんか曖昧だったのでパスし、肝炎の検査をお願いしている公立昭和病院へ行くことに。ウチから一番近い(このあたりでは)本格総合病院だし。
 まだ痛みはピークではなかったので、比較的余裕を持って救急外来に。まぁそれでも、腰を押さえてうずくまる程度には痛いわけなんですが、、、、、。
 深夜の救急外来は、それなりのリアリティです。子どもを連れて、2度くらい行ったことはあるけど、今回は、点滴を受けているカーテン越しの診察室で「ご家族の方こちらへ。。。。。。かなり危険な状態で。。。。」とかっていう話し声が聞こえたり、どこかが痛くて痛くて泣き止まない子どもがいたり、、、、。

 結局救急で診てくれたのは、外科の当直医だったので、改めて昼になってから泌尿器科に行くことにした。昼間の病院は、まず駐車場が長蛇の列、受付が長蛇の列。どこに行ってもものすごい人で大変だ。
 でも、昔のようにただただ最初の窓口で待つのではなく、長蛇の列に見えてもシステマティックにはけては行くので、それほど待ち疲れとかはしない。でも細分化されたシステムなので、次から次へたくさんの窓口をおとずれなくてはいけない。
 どうせなので、気になっている咳のことも相談しようと呼吸器科も受診することにしたため、行く場所はさらに増え、レントゲンを撮ったり、尿を取ったりと、この行き来は老人にはけっこうつらいかもしれないなぁ、と、病院の中を行ったり来たりした。
 結局2時間ほど、暇つぶしに持ち込んだ「MONSTER」の5と6巻をちょうど全ページ読み終わるくらい病院にいて、再来院の予約を取り、初めてのぜんそく用吸引薬をもらい帰ったのだった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004/12/19

ハウルの動く城

 やっとこさ、観に行ってきました。クリスマス色バリバリのラ・フェット多摩南大沢のTOHO Cinemaの5番スクリーン。

 いやぁ、面白いじゃん!久々に諸手を上げて面白いじゃん(^^;。
 まっすぐで強い女の子だし、スピード感あふれる展開。周囲のキャラクタはみんな愛嬌があるし、ここんとこ忘れかけていた宮崎駿のアニメが帰ってきた、って感じ。
 いつもは、宮崎アニメは全くの白紙状態で観に行くんだけど、今回は「難解だ」とか「原作を読まなければわかりにくい」とか「意味わかんな〜い」とかって噂が飛び交っているので、軽くwebであらすじなんぞを読んで、パンフレットも観る前にざっと目を通して観始めた。
 だが、始まってみれば、何のことはない。コナン、ナウシカ、ラピュタ以来のボク好みの宮崎だった。
 もののけ、千は、主人公がちょっと弱かったからね。まぁ、ハウルも全体を見渡すと千の洋版と言えなくもないけど、ソフィーが良いです。これですね。

 あと、戦争のある世界の設定なんだけど、人を殺す飛行機を破壊しに行く優れた強い魔法使いであるハウルを、ソフィーは「弱虫のハウルでいい」と言い放ちます。そう、そういうことなんですよね。守るべきものを、力で守る。これでは何も変わらない。「弱虫」でいいんですよ、たぶん。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

TheLastSamurai

 今さらなんですが、「ザ・ラスト・サムライ」観たです。
 トム・クルーズって好きなんです。渡辺謙も、真田広之もいいですね。あ、小雪さんもすてき。
 幕末の日本を舞台にした戦争映画でした。
 インディアンと侍。滅んで行ったものたちとして比較するにはちょっと違うけど、人間の尊厳を大切にしていた、そしてそれが損なわれたときに人は戦うのだ。そんなふうに言っているんだと思った。
 戦争には、大義がやはり必要なんである。それでも戦争をしないで済ませる方法はないのか?この映画でも、やはり美化されてしまっていた。
 もう、戦争映画で感動はしない。所詮戦争映画なんだ。感動を与えるような作り方の戦争映画は不要なんじゃないのか?プライドや大義で、戦争をしてはいけないんだよ。
 それとも、こういうものは、ファンタジーとして観なくてはいけないのだろうか、歴史上のセンチメンタリズムとして受け止めなくてはいけない?

 最近、戦争映画と恋愛映画は、観たあとに、ついつい「所詮〜」と思ってしまうことが多いなぁ。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/12/18

年賀状動向回発送

 以前書いた「年賀状動向回」。入稿から5営業日で完成(じつは4営業日だったんだけど、宅急便が変な方へ送っていて、1日到着が遅れた)。
 今日は1日その発送作業に明け暮れた。チェックして請求書書いて発送伝票書いて、、、、、なんだかんだと15件くらい。
 クロネコヤマトを呼んで着払いで持って行ってもらうんだけど超忙しいようで、夕方電話したのに来たのは21時くらい。まぁそれでも翌日の午前中には着いているんだから、すごいもんだ。

 しかし、20年前は自慢だったオフセット印刷の年賀状も、最近はインクジェットプリンタの爆発的な進化によってかすんできた。今どき高級な年賀状は、いい紙に6色とかのインクジェットプリンタで……ってやつだろうね。来年からは、何か日とひねり考えるかなぁ。

 さて、仕事に戻らないと。。。。まだまだ年は越せない(^^;。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/16

トリマトリシカ

 元桃乃未琴、モモノミコト、平岡恵子であるところの平岡恵子は、加藤哉子と、トリマトリシカというバンドを組んでいた。
 ひっそりと活動しているのだ。知らなかった。でもインターネットがあったから(ってか検索サイトか(^^;)、オソマキナガラも知ることができた。やっぱインターネットはこうときに偉いよ。
 来年はとりあえず、トリマトリシカだな。

 しかし、加藤哉子がなにものなのか、まだつかめない。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

負け

 Pat Metheny(4/22)、玉置浩二(3/5)、E.L.T.(2/20)と、ここのところ勝ち続けているチケット抽選ですが、オークションの方はダメダメ。12/19の、恵比寿LiquidRoomの矢野顕子+クラムボンは、先行発売に出遅れ、一般発売にも出遅れ、オークションでも4連敗と、ついに参戦不可能になってしまいました。しかし、4200円のチケットを8000円とかでは買えないなぁ、いくら愛していても。でもオークションって、戦っているときには、この愛の深さを金額に換算しているようで、非常につらいのね(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確認。クロスファイア

 クロスファイア。以前観ているんだけど、確認のためにDVDを観た。

 ふむ、やっぱ出ていたよ、ちゃんと。これはちょっとわかりにくいね。

 こっちは今の感じだね。でも子どもだなぁ。
 セカチューの方がずっといいね。1月からのフジの倉本聰のドラマにも出るみたい。超期待だ。
 誰の話だって?もちろん長澤まさみさ。

 もちろん21くらいの矢田亜希子も、抜群にきれい。(これが映画の初主演なんだね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

求人

「デザイナーズ年鑑を見てお電話しているのですが、面接だけでもしていただけないでしょうか?」なんていう電話がかかってきた。初めてだ。
 WorksCorprationのデザイナーズ年鑑に載せてもらってから、利殖やマンション経営の勧誘、イラストレーターやフォトグラファーの売り込みはあったけど、就職希望者は初めて。ウチの息子もちょうどそんなこと考える時期になろうとしているので、他人事ではないのだけど、マトモな就職活動などしてこなかったボクにしてみれば、こんなボクのところに就職希望の人がいるなんてことはとても意外。
 彼女は、本を見て、順番に電話しているのだろうか。大変だよね。

 で、自分のデザイン学校の卒業の頃を少し思い出した。

 ボクの就職歴は、約1年。4年の秋くらいになって、周りが就職が決まったとかって話を聞いて、あぁ就職しなくちゃいけないのかな、と、朝日新聞の求人欄を見て、いくつかの大手デザインスタジオとかメーカーなんかにやっつけの作品と履歴書を送ってみた。(今にして思えば、誰かに師事するっていう選択肢が思い浮かばなかったのが残念。やっぱ徒弟制度か天才の世界だからさ(^^;) でも、特記事項のところに普通免許とか珠算2級とかスキ−3級とかって書いてもしょうがないんだよねぇ。唯一それっぽいのは日本グラフィック展佳作だけど、佳作じゃなぁ。。。。。。。。結局どこからも無反応。 そりゃそうだ(^^;。
 で、まぁ、就職課の先生が、ちょっとこういうのあるんだけどって紹介してくれて、B全のウッドのパネル張りの作品をいくつも抱えて、小さな「あるふぁ工房」というSPデザインプロダクションに面接に行って、「じゃ、明日から来れる?ちょうど忙しいから」って、まるでバイトでも決めるように決定。翌日から徹夜の日々が始まったのでした。で、1年くらいして辞めた。
 それからはずっとフリーだ。

 あー、それで、こないだの電話だけど「ウチは求人とかしてないんだ、、、。」で切っちゃったんだけど、会って話を聞いてあげて、作品も見てあげればよかったかな、って、今になってちょっと後悔。彼女たちは、不安だし、必死なんだよね。ボクなんかの意見でも少しは参考になるかもしれないものね。
 今度電話があったら、もう少し聞いてあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/12

矢野顕子さとがえるコンサート2004

矢野顕子さとがえるコンサート2004
2004.12.11@NHKホール/2F/C12/31

 念願の矢野顕子のライブ。くるりがゲストだというのもポイント。
 とは言うものの、矢野顕子はデビューからひととおり聞いてきているけど(デビュー当時はホントに斬新だったなぁ、「JAPANESEGIRL」とか)くるりは、ちゃんと聞いたことがない。唯一「ジョゼと虎と魚たち」のサウンドトラックが印象的で、それは繰り返し聞いた。岸田繁、彼がくるりの頭脳だったのね。今日知りました。あと、レイ・ハラカミという人がスペシャルゲストで出てきた。これまた知らない。不思議な小さい箱(たぶんつまみとかスライドがたくさんついている、中にサンプリングされた音がギッシリ詰まっているのかな?)を器用に操り、一人で全サウンドを演奏してしまう。(あの箱は、なんかかっこいい(^^;)テクノの人のようだ。それもかなり有名みたい。

 最初は、アッコちゃんのピアノ弾き語りで始まる。あれが、基本だよね。もう少しいろんな曲が聞きたいな、と思っているあたりで、ハラカミ氏登場。二人でDavidなどやる。数曲やって、くるり登場。新しいアルバムの曲を何曲か。(アッコちゃんのエレピの音が半音くらい狂っていたような気がして、そこだけなんか気もちが悪かった)くるりの岸田とアッコちゃんの全くかみ合っていないトークも面白かったが、バンドと演るときのアッコちゃんのパワーも見逃せない。(そういや、昔はYMOだったときもあるんだよな(^^;)で、前半終了。後半は、ハラカミ、岸田で、くるりの「バラの花」をデュエット。これはどうなの?やっつけの感がアリアリだったんじゃ?(^^;で、最後に1曲弾き語りで終了。
 なんか短かったなぁ。2時間なかったんじゃないかな?まぁ、でも初生矢野顕子はこんなもんかも。
 さて、来週の矢野顕子+クラムボンのチケットをなんとしても取らないとだ。原田郁子vs矢野顕子は、やっぱり観なくてはいけない。くるりとの違いも楽しみだし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/12/10

年賀状動向回

 もう何年になるかな、事務所を構えた頃からだから、1984、5年かぁ、もう20年?身近な人に声をかけて、オフセット印刷で年賀状を作っている。
 最初の頃は、広告代理店の営業マンとかに声をかけていたので、デザインから版下までボクがやっていて、大変だった。デザイナーや、イラストレーターは、普段仕事でやれないような印刷の実験的なことをやった。印刷所も、おもしろがってつきあってくれて、大変だったけど、楽しかった。
 DTPが導入されて、データで入稿するようになると、やっと版下から解放された。でも最初の頃は、カラー写真やイラストをスキャンして貼り込んで入稿というパターン。
 でも、だんだん周囲もパソコンを持ったりデジカメを使いだしたり、また動向回のメンツも変わって来て、データ化がかなり進んだ。当然ボクの作業は楽になるんだけど、ボクへのデータ入稿から印刷所への入稿時間が思いきり短縮されたので、みんなギリギリじゃないと入稿しなくなった。
 で、今やっているボクの作業は、面付けと、データチェック。イラストをスキャンしたりっていうのは2人だけかな。アナログなイラストレーターの人。

 

まぁ、こんな感じの表裏。あ、拡大してみても合わないよ、別々の表裏だから(^^;32人なんです、全部で。

 で、この作業がやっと終わって、きょうの夕方発送した。予定より1日印刷所入れは延ばしてもらった。今回は、珍しくマジでのドタキャンが出たからだ。今までずっと参加してくれていた阿佐ヶ谷のジャズバーオーナーの矢野さんだ。いつもメールで案内をして枠取りを決定し、入稿してもらうんだけど、今回はメールの返事がなかった。でもまぁ、そう即メールに反応してくれる人ではないので、気にせずに進んでいたんだけど、さすがに締め切り日になっても何の音沙汰もないので、電話してみると、メールが全然行っていないと言う。そういえば春くらいに引っ越しをしていたかも、、、、、、、案の定メールアドレスが変わっていた。でも、前のもまだ生きているようで、送ったメールは帰ってこないんだよなぁ。でもまぁしょうがない、早めに電話で確認しなかったボクが悪いのだ。ごめんね、矢野さん。
 なので、今回は、リクエストしていた倍の枚数の名刺が届いてしまう人が約2名発生(^^;。

 で、ここ数年のボクの年賀状は、住所面に長々とコメントを印刷しているのだけど、連続して戦争とかイヤだなぁとか、守り過ぎなんじゃないの?みんな、とかって話が終われない。まぁ、ヒトって、一人じゃ生きられないからなんだろうけど、自分の周りを守りながら繋がって拡大して行く。だねぇ、、、、、。家族とか友達くらいの単位なら平和なんだけど、思想や宗教で繋がったものになって行くと、もうだめだね。せめて、国がなくならんかなぁ。。。。。。。。まぁ、ボクが生きているうちは無理だろうが。。。。。(^^;

 あ、脱線したなぁ。とにかく年末の行事が1個終了。あとは上がったものを(たぶん来週末)各方面に着払いで発送したら終了。忘年会がらみで手渡ししたりもあるけどね(^^;。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/04

秩父夜祭り

 比較的近所でありながら、行けなかった、念願の秩父夜祭りに行って来た。

 日本三大曳山祭り(他のふたつは京都祇園祭の山鉾、飛騨高山の屋台)のひとつ、秩父夜祭りは、でかい神輿のような屋台に、人と太鼓を乗せて、無形文化財の秩父屋台囃子のリズムに乗せ、たくさんの人で屋台を曳き回し、花火の打ち上げとともに盛り上がるってもの。
 いやぁ、ものすごい人人人。市中全域で祭りになっているので、町の中心部の路地という路地に出店がたくさん出ている。こんな量の出店は久しぶりに見たような気がする。
 で、人垣をかき分けながら、市中を練り歩く山車である屋台を見る。屋台は秩父市内の各地区の所有で全部で6台。それぞれ形も色も違い立派なものである。(来年は、昼間、じっくりと見てみたい)
 曳く人々は、どこにこんな若人がいるのかと思うくらい若い男女がひしめきながら綱を曵く。屋台囃子の太鼓は屋台の最下部に設置され、外からは見えない。低く高く鳴る太鼓はすでに聞き慣れたあの屋台囃子の本物だ。
 道ばたに立ち屋台6台を見ること約1時間。ホントに寒かった(今年はそうでもないんだろうけど)、久しぶりに芯から凍ったよ。
 写真は全滅。夜の撮影は難しいね、やっぱ(^^;。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/12/01

ドラゴンヘッド

 DVDを借りて来てあったのを、明日の返却直前でやっと観た。
 望月峯太郎原作の「ドラゴンヘッド」は、なんちゃらマンガ賞(小学館?)を取ったにもかかわらず、なんか中途半端な終わり方をし、映画化されるも不評で、ヒロインのSAYAKAも評判が悪かったのだが、ボクは観たかったんだよぉ。
 やっぱねぇ、どんなに悪い評価をされようとも、自分の目で確かめないといかん。良い作品かどうかは別として、自分にとって楽しめるものであるかもしれないからね。
 で、面白かったですよ。それなりにできてるじゃん。コミックとしては物足りない終わり方だったけど、映画になると、これくらいの終わり方でいいんじゃないの?ここんとこお気に入りのSAYAKAも良かったし。今や2大若者役者の山田と妻夫木は安定した演技だし。監督も「ナイトヘッド」「アナザヘヴン」「らせん」の飯田譲治なんで、お好み(^^;。この人「沙粧妙子最後の事件」や「ギフト」の脚本も書いていたんだ。うぅむ。全部面白かったよ(^^;。これはR指定があったのかな?かなり死体や残虐なシーン満載ではあった。ノブオ(山田)なんか、原作よりもずっと怖かったしね。
 なんか、地震で崩壊した第二海堡と富士山の大爆発のドラゴンヘッドと、どっちも強力な自然災害がテーマになっていて、不思議なリンクを感じる。

 さて、ゴジラファイナルも楽しみにしているんだけど(北村龍平監督だから(^^;)、きっと評判悪い出来なんだろうなぁ、ちらっと予告編観たけど、うん、あれは。。。。。。(^^;
 でも、観に行きたいぞ。

 さて、DVD返しついでに、体でも鍛えてくっかぁ。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京不案内

 北海道から、両親がボクの従弟の結婚式に参列するためにやってきた。
 で、初台教会での式に参列後、11月28〜30日、京浜観光をした。箱根の温泉にでも行こうと思ったのだけど、この次期前日とかでは、どこも空いていない(^^;。なので、近所を観光ということに。
11月28日(日)

 横浜のレンガ倉庫。夏にみなとみらい21の逆サイドの端でヤイコの野外に行ったときには時間がなくて、レンガ倉庫までは行けなかったので、、、、、、。きれいに整備されたところだ。

 その後、水上バスで山下公園経由、中華街へ。周富徳さんの店で遅い昼食。小食な家族なので、コースにちょっとプラスする程度だったけど、おいしかった。ま、普段本格中華とかに縁がないからかもしれないが(^^;。

これは、途中で見かけた、ちょっといい感じの店

 さらにレンガ倉庫に戻り休憩。よく歩いたなぁ。その後、白楽あたりに住む、息子のところへ。すると、息子のマンションの近所の公園で、何やら撮影が、、、、、。おぉこれはHOTMANではないか。反町がいる(^^;。しばしロケを見学(写真はさすがにだめだった(^^;)、ここは七海ちゃんが犬を触って倒れた公園だったのだ。残念ながら、七海ちゃんもいちごちゃんもいなかったけど(^^;。

これが七海ちゃんが倒れたシーン。見かけたロケは、12月16日放送らしい

29日(月)
 車で都内をグルグル。
 まずは、銀座のチャンスセンターで年末ジャンボを買う。1番と7番の窓口を狙って行ったけど、平日の昼間だというのに長蛇の列。40分待ちだというので、他の適当な窓口で購入。
 路駐したので、ボクは車で待つ。ちょうど昼時で、この日は笑っていいとも!にヤイコが出演(^^;。

これは、ヤイコが1/100をゲットした瞬間(^^;

 その後浅草へ

 浅草には行ったことがないよなぁ、、、、と、思っていたら、25年前に行っていたらしい(^^;。

 国技館を車で眺めたあと、お台場方面へ。

 で、東京タワーを眺めつつ、、、、、

 翌30日は、10時の飛行機に両親を乗せるべく朝早くから羽田へ向かう。

 最近は車と船での移動だし、海外へは行ったことがないので、羽田にはすっかり縁がない。ずいぶん変わったね羽田空港。この翌日12月1日からは第2ターミナルがオープンとかで、さらにすごいことになっているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »