« 年賀状動向回 | トップページ | 求人 »

2004/12/12

矢野顕子さとがえるコンサート2004

矢野顕子さとがえるコンサート2004
2004.12.11@NHKホール/2F/C12/31

 念願の矢野顕子のライブ。くるりがゲストだというのもポイント。
 とは言うものの、矢野顕子はデビューからひととおり聞いてきているけど(デビュー当時はホントに斬新だったなぁ、「JAPANESEGIRL」とか)くるりは、ちゃんと聞いたことがない。唯一「ジョゼと虎と魚たち」のサウンドトラックが印象的で、それは繰り返し聞いた。岸田繁、彼がくるりの頭脳だったのね。今日知りました。あと、レイ・ハラカミという人がスペシャルゲストで出てきた。これまた知らない。不思議な小さい箱(たぶんつまみとかスライドがたくさんついている、中にサンプリングされた音がギッシリ詰まっているのかな?)を器用に操り、一人で全サウンドを演奏してしまう。(あの箱は、なんかかっこいい(^^;)テクノの人のようだ。それもかなり有名みたい。

 最初は、アッコちゃんのピアノ弾き語りで始まる。あれが、基本だよね。もう少しいろんな曲が聞きたいな、と思っているあたりで、ハラカミ氏登場。二人でDavidなどやる。数曲やって、くるり登場。新しいアルバムの曲を何曲か。(アッコちゃんのエレピの音が半音くらい狂っていたような気がして、そこだけなんか気もちが悪かった)くるりの岸田とアッコちゃんの全くかみ合っていないトークも面白かったが、バンドと演るときのアッコちゃんのパワーも見逃せない。(そういや、昔はYMOだったときもあるんだよな(^^;)で、前半終了。後半は、ハラカミ、岸田で、くるりの「バラの花」をデュエット。これはどうなの?やっつけの感がアリアリだったんじゃ?(^^;で、最後に1曲弾き語りで終了。
 なんか短かったなぁ。2時間なかったんじゃないかな?まぁ、でも初生矢野顕子はこんなもんかも。
 さて、来週の矢野顕子+クラムボンのチケットをなんとしても取らないとだ。原田郁子vs矢野顕子は、やっぱり観なくてはいけない。くるりとの違いも楽しみだし。

|

« 年賀状動向回 | トップページ | 求人 »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

すごい!うらやましい!生の矢野顕子は、いいですよねえ。。
くるりも、レイ・ハラカミも好きです。贅沢なとりあわせですね!

投稿: まいきぃ | 2004/12/12 12:15

私はくるりのライブでレイ・ハラカミ&矢野顕子がゲストというバージョンに行った事ありますよ(^^;;
レイ・ハラカミはかっこよかった・・・あの卓はどうなっているのか私もかなり興味あります。

投稿: non | 2004/12/12 14:02

そうかぁ、ハラカミさんって、人気なのね(^^;。
あの不思議な箱、いや、マジで解説してほしいですよ。
双眼鏡で一所懸命に見たんだけど、あれは明らかに操作というよりは、演奏だった。

投稿: | 2004/12/12 15:27

どもども^^
矢野顕子、おいらもむかーしライブを見たことがあります。
中野サンプラザで。前から2列目で。

「行け柳田」とか歌ってました。
ライブではいつもオーダーを変えて歌ってたと思うけど、
“6番…シピンでいいですか?”
と客席に聞いてきたのが印象深かったですね。
懐かしい。
シピンだって。

投稿: ロビー | 2004/12/14 09:18

「行け柳田」かぁ、めちゃ懐かしいですね。
そういえば風太もすでに大人だよね。何してるんだろう。。。(^^;

投稿: | 2004/12/14 10:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢野顕子さとがえるコンサート2004:

« 年賀状動向回 | トップページ | 求人 »