« いま、会いにゆきます | トップページ | 映画「ハサミ男」 »

2004/11/06

金八、その2

 クラスに背を向け出て行く金八、しかしわずかな期待を抱いてクラスに戻ってみると、生徒は誰もいない。。。。。崩れ落ちる金八。こんな衝撃的なエンディングだった、第4話目の金八。

 教育委員会に行っていて洗脳されてしまったっていう設定なのか、金八は、初回から以前の金八ではなくなっている。これはたぶん、ごく平均的な教師だ。
 普通に生徒を指導し、普通に怒り、普通に一部の生徒の気持ちを手に入れ、普通に生徒に迎合する。
 そして、知らないうちにクラスは崩壊していく。

 今までのたいがいの学園ドラマは、崩壊しているクラスを立て直していく、っていうパターンで進むことが多かった。でも、今回の金八は、「あの」坂本金八を使って、クラスをプチ崩壊させてしまいそうだ。たぶんさほど問題などはない生徒たちなんだけど、些細なことから崩壊していく。突き詰めて、崩壊の理由などはつかめない。これはとてもリアルな展開なのではないか?
 今回の金八は、今までに比べて、あまりにもデリカシーがなさすぎた。生徒を恫喝する、アホ、バカ呼ばわりする、軽くだけど暴力も使う、生徒の悪ふざけの尻馬に乗ってはしゃぐ、一部の生徒をクラスのキーにすべく裏でちょこちょこ抱え込む、昔の3Bとやたら比較もするし、今まで毎回あったお言葉も色あせた内容でしかない。

 ボクのこの見方が当っているのだとすると、今回の金八は、ドラッグとヤヨとシュウの部分を除いては、地味だがとてもリアルで、訴えるものがある。「あの」金八が「普通」の先生になってしまうと、こんな風にクラスをプチ崩壊させていくんだよ。。。。。。と。
 ただ、崩壊しっぱなしではドラマが成立しないので、「こんな」金八はいなくても生徒たちはなんとか立ち直っていく。っていうパターンで行くんじゃないのかな?

 金八を見て育った教員がすでに中堅にさしかかっているであろう今、すでに金八の神通力が通用する、いや必要とされているときではないのだよと。
 そんなことを、微妙に変化してしまった金八は訴えているんじゃないかな?で、もう金八はさようならだという展開へ持っていくかな。。。。。。。

|

« いま、会いにゆきます | トップページ | 映画「ハサミ男」 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

なんか違うよねぇ。なんだろ、いろいろ過去のシリーズの人も出るしさ、、、これで終わりって事か???

なにはともあれ、次回は小嶺麗奈が出るから、要チェックだわ(笑)

投稿: | 2004/11/12 22:58

ホントに最後、って、どっかで言ってたような、、、、、。

投稿: | 2004/11/14 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/1888643

この記事へのトラックバック一覧です: 金八、その2:

« いま、会いにゆきます | トップページ | 映画「ハサミ男」 »