« TV | トップページ | 奥井亜紀インストア »

2004/10/18

ヴァレンティーノ・ロッシ

 motoGP、第15戦オーストラリアGPで、ロッシがチャンピオンシップを取ったわけなんですが、ウィニングランのときにヘルメットをスペシャルなものに変え、レーシングスーツの上からTシャツを着たんですな。そのときにメットとシャツにプリントしてあった文字。「CHE SPETTACOLO」。
 さて、おそらくイタリア語なんだろうなと思い調べてみたんだけど、よ〜わからない。
 Amoreイタリア語辞書によると
 CHEは、[代][ケ][単のみ](疑問詞)何、どんな
 SPETTACOLOは、[男][スペッターコロ]ショー、見世物、番組、劇、壮観、奇観、見もの、スペクタクル ってなかんじで、、、、、、
 どういう意味?イタリア語の得意なひと(^^;

|

« TV | トップページ | 奥井亜紀インストア »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

イタリア語は知りませんが、

> CHEは、[代][ケ][単のみ](疑問詞)何、どんな

これ、what のことですよね。感嘆文じゃないのかな?

What a spectacle (it is !)

世紀のショー、くらいだとどうでしょうかね。メットとTシャツにプリントしてあったってあたりだと、

It's a show time!
(ショーの始まりだ!)

みたいなノリかもしれないですね。

投稿: れん | 2004/10/18 13:58

なるほどね

投稿: | 2004/10/18 14:22

初めまして、突然おじゃましてすみません。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/mot/20041018/ftu_____mot_____000.shtml

なんか中日スポーツの記事によると・・・
「最高の舞台」
ってことらしいです。
私はイタ語はさっぱりですけども^^;

投稿: たっち | 2004/10/19 09:12

> 「最高の舞台」

あ、なるほど。わりと直訳でいいのか。

投稿: れん | 2004/10/19 19:56

どもども。
「最高の舞台」かぁ。あのロッシにしては、その対訳はまともすぎますよねぇ。
普段からむちゃくちゃやってるやつですからねぇ。。。。。。(^^;
まぁ、イタ語さっぱりなんですが、、、、、、。
雰囲気としては、
> It's a show time!
> (ショーの始まりだ!)
これでもまだ物足りないくらいなんですよね(^^;。

投稿: | 2004/10/19 21:08

> 「最高の舞台」かぁ。あのロッシにしては、その対訳はまともすぎますよねぇ。

追伸。It's a show time! は訳ではなく、「そういう雰囲気かなあ」ってことだけです。根拠もなし。

で、こなれた日本語訳はないと思いますね。「Fuck you!」みたいな定番でも、意味と雰囲気というかイキオイを両立させる訳文ってのはないですし。

イタリア語という言語の印象からすると、「最高の舞台」とか「世紀のショー」なんてより、もっとくだけたニュアンスなんだろうと思いますけど…。

投稿: れん | 2004/10/19 22:23

ヘーそうか。FuckYou!を、「テメーこの野郎!」と書くのは、訳すると言ってはいけない?
その辺厳密に「訳する」という言葉の使用を考えたことはなかったかも。

そう、その雰囲気を知りたいので、できればヴァレンティーノ・ロッシをそこそこ知っていて、イタリアにも通じている人が、どっかにいれば、、、、、くらいの感じで書きました(^^;。
中日スポーツの記者は、motoGP担当なんだろうから、もっといっちゃった解釈を伝えてほしかったかなぁ、、、ってとこです(^^;。
なんつーか、ロッシってのは、そういう変で楽しいやつなんで、、、、世界チャンピオンなんだけどね(^^;。

投稿: | 2004/10/19 22:55

どうも。
確かにあのロッシなんだからロッシだけの訳し方が
あっても良さそうですよね・・・
「俺様の世界」
くらいでも良さそうだ・・・(++)

意訳しすぎかな^^;

投稿: たっち | 2004/10/20 16:29

あれはファンが言った言葉(書いた文字)であってロッシが言った(書いた)わけじゃないから。
ましてやあのヤマハでタイトル取ったわけだからそりゃもう凄いわけで(笑)

投稿: わだ | 2004/10/20 21:31

そう、今期あのヤマハでタイトルを取るのは、相当大変そうだったし、それを乗り越えてもやっぱりタイトルを取ってしまったロッシはものすごいですよね。

で、そういうことではなくてね、ロッシのパフォーマンスって、いつもてがこんでいて(ここんとこちょっとおとなしいけど)、それはファンというよりも、フリークが集まったコミュニティにロッシも加担してやっているっていう風に前に聞いたことがあるんですよ。一時期、毎レースごとにウイニングランは違う扮装をしてやっていたとかそういうやつね。
で、今回のタイトルは、かなり彼的にもうれしかったんじゃないかと思うのね、苦労した分。
で、白いTシャツ、白いヘルメットでウイニングランを走ったのは、何か意味があったんじゃないかと思ったわけですよ。わざわざ普段のハデさをなくして、白装束にしたわけだから。
で、あそこに書かれていた文字のニュアンスは、何なのかな?と、、、、。たぶんイタリア人が見たら、「ハハン」って思うような何かなんだろうな、と思ってさ。。。。。

投稿: | 2004/10/20 21:53

> FuckYou!を、「テメーこの野郎!」と書くのは、訳すると言ってはいけない?

訳文の1つではあるけれど、他にもシチュエーションによって違う訳出をする人はいるし、ニュアンスまでは伝わっていないでしょう。

日本語にならない外国語ってけっこうあるんですよね。

投稿: れん | 2004/10/21 10:12

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm_motor/motogp/new.html

CHE SPETTACOLO」(これがショウだ!)

http://oretch.exblog.jp/605726/


イタリア語で、「That's Show!」「最高の舞台」という意味。

che が that who である、なんて解釈もあるみたいで、だとして直訳すると、「ショーであるところの男」くらいか(んなのアリかなあ…(^^;;?)。「ワクワクさせてくれる男」「魅せる男」。

投稿: れん | 2004/10/21 10:31

> http://sportiva.shueisha.co.jp/clm_motor/motogp/new.html

> CHE SPETTACOLO」(これがショウだ!)

この記事、いいですね(^_^;。

投稿: | 2004/10/21 11:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンティーノ・ロッシ:

« TV | トップページ | 奥井亜紀インストア »