« セグウェイ事件の神田氏獄中日記 | トップページ | 修行9月1回目 »

2004/09/09

高円寺

 今のボクは、阿佐ヶ谷で生まれて高円寺で育った。26、7年前のことだ。
 生まれる前までは北海道にいたけど、それは胎児の頃。ボクとして生まれでたのは、あくまでも阿佐ヶ谷だ。だから、ボクは阿佐ヶ谷をよく知っているし、阿佐ヶ谷に何かあると今でも心配になる。
 ただ残念なのは、すでにそこを離れて10年以上たってしまっていることだ。だから、今では思い出のようになってしまっている。
 阿佐ヶ谷や高円寺というところは、とても良い場所だ。何といっても平和である。適度な刺激もある。果てしないだらしなさもある。またすごく紳士的でもある。政治的には混沌としていて、石原伸晃が立っていると思えば、麻原彰晃も立っていた。基本的に土着以外の住人の生活は貧しく、様々な言語が入り乱れ、金のかかっていないファッションの最先端でもあった。それでも、阿佐ヶ谷住人と高円寺住人との間には、ほんの少しの認識の違いがあり、文化の高円寺ファッションの阿佐ヶ谷。ボクらの世代ではそうだった。五十歩百歩である(笑)。
 ロックの街高円寺に対してジャズの街阿佐ヶ谷だ、っていう認識もあったかな。
 ともあれ、そんな街に生まれ育ったボクだが、ボクを含め、たくさんの友人もその地を去った。「どこに住もうと、自分自身にはいっこうに変わりはない」と思っているし、実際そうなんだが、阿佐ヶ谷、高円寺のことを思う時だけは、この考えがちょっとくじけそうになる。甘いのだな、実に。。。。。(笑)

 で、高円寺最後の砦だったウエジマがついに高円寺を離れることになったようだ。行き先は那須。昔ペンションケルンの手伝いをしていた時期が少しあったが、そこに舞い戻るらしい。
 また新しい生活だ。放浪者のような生活をしてきた彼だが、やっと腰を落ち着けられるのだろうか、、、、。とにかく元気でいてくれれば。まぁ、新しいバイクを買う計画とかも話していたから、大丈夫だろうとは思うけど。最近は新しいバイクを買って新生活をはじめるってのが流行っているのか?(笑)

 いやしかし、ひさしぶりにウエジマに呑みに誘われたのに、仕事から離れるわけにいかずに、飲みに行けないなんて、、、、、、、、情けないなぁ。。。。。。悔しいなぁ。。。。。
 彼もまた、人生の一時期、ボクの戦友のようなものである。

|

« セグウェイ事件の神田氏獄中日記 | トップページ | 修行9月1回目 »

過ぎ行く日々」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円寺:

« セグウェイ事件の神田氏獄中日記 | トップページ | 修行9月1回目 »