« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 神宮花火大会 »

2004/08/08

ヤイコ、横浜!

矢井田瞳「Summer Festival GIRLS TALK 2004」
2004.8.7@横浜みなとみらい21街区(臨港パーク横)特設ステージ、B-5-149

 すごい人だったなぁ。やっぱ屋外の巨大イベントだね。室内と違って、酸欠気味にならなくていいや(^^;。


昼間はこんなだったステージ


いろいろ形を変えて、最後はこんなに。かっこいいセットだったよ

 もう、どんどんきれいになっていくヤイコが、開演前のスクリーンでやっていた昔の映像なんかと比較して、よくわかる。でも整形はしてないよ。一重のままだし(^^;。まぁ、ロッカーだからね。

 Charaの時もそうだったけど、合唱率が高いライブってことでは、ヤイコも同じ。みんなけっこう大声で歌ってるんだよなぁ。まぁボクもやるんだけどさ(^^;。これって、やっぱ共感度が高いからなんだよね。
 ふと、ヤイコは大変だよなぁ、、、って思った。まぁ、ヤイコに限ったことではないけど。。。。。変な話だけど、ボクなんかよりもずっと年下で、客だって、大半は微妙に年上なんじゃなかろうか。でも彼女の詞には共感できるし、そういう歌を作るアーティストは偉い、って思っているわけだ。こんなふうに思われている人って、ミュージシャン(作詞をする人かな)だからこそなわけで、役者とか作家ではそんなふうには思われないだろう。つまり、作り手の年齢など関係ないわけなんだよね。今ふうに言うと「神」ってことなんだが(^^;、この先、「神」から「人」へ戻る時が来るかもしれないんだけど、それが来ることを今は意識しているのかいないのか。。。。例えば若くして「神」化しているのは宇多田とかもそうだよね。彼女たちは、そのモチベーションが切れた時に、何も書けなくなってしまうのか、それともユーミンや中島みゆきのように「神」と「人」それぞれのポジションを別人格として存在し得るのか。。。。。。
 等身大なだけ、ヤイコなんかは、キツイんだろうなぁ。。。。。。。。
 

|

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 神宮花火大会 »

ライブ、音楽、アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤイコ、横浜!:

« ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | トップページ | 神宮花火大会 »