« 秩父にて | トップページ | 怒濤の連鎖 »

2004/07/19

あずみ

 北村竜平監督「あずみ」を、やっと観る。もちろん今さらなんで、DVDだ。
 ADをしている雑誌に北村監督が以前連載を持っていたので、製作途中のいろいろな裏話は読んでいた。原作の小山ゆうは、話は面白いんだけど、あの絵の下手さ加減に昔からなかなかなじめず、「あずみ」も読んでいなかった。小山ゆうの絵が下手だ、なんて書くと、あちこちから石が飛んできそうだが、オリジナリティはあるし、キャラクターもいいんだけど、時折キャクターのデッサンが崩れる、その崩れ具合が、どうにも肌に合わないんだよね。まぁ、しょうがない。でも直角も元気も嫌いではないんだよ。あずみだって、クールでかわいくて強いなんて少女はとても魅力的。
 上戸彩は、スクリーン(じゃぁねぇなぁ、画面だろ(^^;)に写った瞬間に「あ、あずみだ!」と思わせる一体感あり。一気に物語に引きずり込まれる。あずみの動きは抜群。いかにもなワイヤーアクションっぽさも見えないし、北村監督はやっぱうまいね、チャンバラアクション。

 先日「新撰組!」の池田屋事件を見ていて、なんとも近藤たちを応援できない、入り込めない殺人のシーンに出会い、大義のために戦う人間たちの空しさを戦争映画から感じるようになってきているなぁ、と思っていたのだが、「あずみ」は、どうもその範疇にはないようだ。
 立ち回りには爽快感さえある。相手の違いなんだろうか、目的はどうあれ、自分の意志で戦っている人間と、そうではない人間。ここに大きな違いがあるのか。そういえば「バガボンド」にもかなり残酷な私闘が数多く描かれているが、集中して読めてしまう。
 今さらではあるが、大義の上にある戦争か個人の意志による私闘かというのは、まったく別の次元に存在するのだな。同じ殺しあいではない。いや、殺し合いは殺し合いだ。どちらも肯定はしない。でも、意味は違うということだ。

 オダギリジョーも良かった。変態をやらせると、うまいねぇ。たぶんこの分野での名優の一人になって行くんじゃないかな、オダギリは。

 まぁ、一直線にそういう映画だった。2ができるらしいが、これは北村監督じゃない、金子監督だ。もっと人間を描くのだろうか?いや、金子監督もそういう監督ではないよな。山田洋次監督とかに撮らせるなら、別だが、、、、。まぁでも、そうじゃなければ、違う監督で2を取る意味はないよな。上戸彩のアイドル映画(としてはかなり異色だが)として、続いて行けるようなものになると面白いなとは思う。

|

« 秩父にて | トップページ | 怒濤の連鎖 »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/1064985

この記事へのトラックバック一覧です: あずみ:

« 秩父にて | トップページ | 怒濤の連鎖 »