« TV版世界の中心で、愛をさけぶ、4回目 | トップページ | iPod mini発売日 »

2004/07/24

EPSON R-D1

もうじきこのカメラが発売になる。
世界初のデジタルレンジファインダーカメラ。
ボクはレンジファインダーのカメラは使ったことがない。
ライカのカメラなどが、レンジファインダーカメラの代表なのであるが、仕組みなど、人に教えてもらったり、調べたりしても、今ひとつピンと来ないのだった。(一眼レフとの操作系の違いでひとつふたつ。ファインダーとレンズが別なので、シャッターを切る時に一瞬の暗転がないのだということ。また、ピント合わせも別で行われるので、合わせ方にコツがいるのだということ。それらがどれほどのことかは、使い比べていないのでよくわからない。こんなことよりももっと写真を撮る上で、大きなことがあるに違いないのだと思うが。。。。こういう恥ずかしい話を書くのに、blogは便利(^^;)

ただ、昔ながらのライカユーザーがすごく多いということ。ライカで撮られた良い写真というのが世の中にたくさん存在しているということ。レンジファインダーカメラユーザーが口を揃えて、信頼性が高いシステムであり、写真を撮る楽しみを再確認させてくれる、などと囁くこと。
そして、そう囁く人たちが、静かで奥行きのあるいい写真を撮る人たちだったりすること、などなど、レンジファインダーカメラは、ボクの中での引っかかりとなっているのだった。

ちなみに、このR-D1、本体価格が30万くらいで、ライカとほぼ同じなのであるのだなぁ。。。。

|

« TV版世界の中心で、愛をさけぶ、4回目 | トップページ | iPod mini発売日 »

写真」カテゴリの記事

コメント

> ライカのカメラなどが

Appleのカメラ
EPSONのプリンタ

…うむ。OKか。

ピント合わせはあんまりしません。広角でF8くらいに絞ってパンフォーカスで撮るのが、わりとレンジファインダーの一般的な使い方だと思います。

さて、Macの前に戻るか…。しかし、今日はこっちも暑いぞ。

投稿: れん | 2004/07/24 12:05

あ、そっか、Leicaね。いや、ライカの方がしっくりくるのはなぜだろう。。。。

で、ピント合わせはしませんって、、、、くるけど、ピント合わないと、ほとんどの写真はつまらないじゃないの?と、思うのだが、、、、、。

ピントを一部カリカリに合わせたりとかしないで、全体にピントを合わせる。だから人間の目に近い感覚で撮ってしまうという意味だよね?
ただ、そうなると、写真が、格段に難しくなり、うまい下手がすごく出てくるよね。

投稿: | 2004/07/24 12:13

>>ただ、そうなると、写真が、格段に難しくなり、うまい下手がすごく出てくるよね。

だから好まれるんじゃないの?(^_^)

投稿: 主 | 2004/07/24 13:37

> だから好まれるんじゃないの?(^_^)

ま、そうですね。一般的には、誰でも失敗なくいい写真が撮れるキカイを求めているわけだからなぁ。
ヘタクソな人は、ライカで撮っても、使い捨てカメラで撮っても、同じような写真になっちゃうような気がする(^^;。
アラーキーなんざ、そういう撮り方してるよね。でも違うからすごいんだなぁ(^^;。
でもヘタクソな人でも一眼レフで撮ると、レンズによっては面白い写真が撮れるんだよね。

投稿: | 2004/07/24 13:53

> ピント合わないと、ほとんどの写真はつまらないじゃないの?と、思うのだが、、、、、。

つまらなさによるけど(^^;;。パンフォーカスにして、1/250sくらいで固定して撮ると、まさに《スナップ》なのですね。別に合わせてもいいけど、合わせなくても合ってしまうから。

> 全体にピントを合わせる。だから人間の目に近い感覚で撮ってしまうという意味だよね?

いや、人間の目に近いというのは、レンジファインダーの構造上の産物でしょう。ファインダーが明るいっていうか、ガラス越しじゃないんで、結果として《人間の目?に近い》。で、広角レンズの方が向いている、なんて言われるのですね。

> 写真が、格段に難しくなり、うまい下手がすごく出てくるよね。

写真表現って意味だとどうでしょうね。スナップ撮っている分には一眼レフもレンジファインダーもデジカメも大差ない気がします。カメラが簡単な分、うまいかどうかっていうより、センスの善し悪しになるのかなあ。

投稿: れん | 2004/07/24 17:11

> でもヘタクソな人でも一眼レフで撮ると、レンズによっては面白い写真が撮れるんだよね。

わ、わしのことか(^_^;;

んじゃこれから花実ちゃんに逢ってきま〜す(^_^)(^_^)(^_^)

投稿: わだ | 2004/07/24 17:40

おぉ、花実ちゃん、、、、、、、ん?あぁ、鱗か。小山さんデイだっけ?

> スナップ撮っている分には一眼レフもレンジファインダーもデジカメも大差ない気がします。

もちろん写真はセンス(^^;。一番大切なこと、プロとアマを分け隔てなくするのは、センスとタイミングでしょう。
でもスナップは難しいよ。スナップだって、いい瞬間が欲しいじゃん。スナップだから、、、なんて思わないですね。他の特殊な撮影よりも写真のほとんどがスナップから派生しているわけだし。
モデル撮影だって、風景撮影だって、スナップの延長上にあると思う。そうじゃないのは、スタジオ撮影とか、ブツ撮りとか、そういうものかな。

まぁ、ファインダーもレンズもとにかく明るいこと。これにつきるんだろうね、永遠に、、、(^^;。

投稿: | 2004/07/24 18:14

でも、技術だけで撮られる写真も存在するでしょう。

ブツ撮りなんかは、それはセンスもあるだろうけれど、ある程度やり方が決まっている中でのことなので、「知っているかどうか」「カメラにその機能があるかどうか」ということが大きいですよね。

スナップや記念写真みたいなのは、ほぼカメラ任せに近い状態で撮られるので、そこでいい瞬間を撮るのはセンスだ、と私は思うわけです。そこに技術がないわけではないけど、ブツ撮りとか、スタジオ撮影のそれとは違う。

たとえば、マクロレンズ使うと、誰でもそれっぽい写真になりますよね。それ以外に選択肢がないというか。ヒット率はともかくとして、超望遠とかもね。それはそれでしか撮れない世界なわけだけど…。

でも、35mmくらいで町中スナップというのは、わりと誰でも(システム的にも廉価)撮れてしまう。その分センスの差が出るという気がしますね。

投稿: れん | 2004/07/25 00:41

使ってみましょう、レンジファインダーカメラ。ライカだなんていわず、コシナ(フォクトレンダー)のが安くていいですよ。もちろんライカのレンズ、使えるし。レンジファインダーを広角で絞ってというのは、確かにスナップの王道なんですけど、大口径レンズを開放で使うのもいいですぜ。マニュアルフォーカスの一眼レフ並みにピントに気を使うけど(笑)。
それからこのエプソンのR−D1、CCDがAPS-Cサイズなので35mmフィルム用レンズの1.6倍、スナップでよく使われる焦点距離35mmをCCD上に映すためには21mm見当のレンズが必要になって、これをライカあたりのレンズで揃えようとすると15・6万円くらいするんじゃないかしら。うーん。

投稿: KT | 2004/07/25 00:52

ん?同じこと言っているんじゃ?(^^;

あ、ブツ撮りについてちょっと違うや。だから、たしかにブツ撮りはセンスとかじゃなくて、完全に技術と経験です。あと、アイデアってのもあるな。ブツ撮りは、ほとんどトリック撮影の世界ですからね。

なんつーか、ボクが言いたいのは、35mmくらいで開放で、パシャパシャ撮っちゃうと、それはほぼ全域にピンが来ている写真になってしまうわけで、うまくやらないと、平たんで何がテーマなのかよくわからない写真になってしまうよね、ってことで、それは使い捨てカメラや、コンパクトデジカメなんかもそんな感じで。。。。スナップというのは、そういう域をもう少し越えて、ちゃんと写真になっているといいよね、と、思っているわけなんですよね。
それは、ボクの撮る写真が、記録に近いからなんだと思うけど、れんさんなんかは、ややアート寄りに振って行くじゃない。だから、いろいろ技術が必要になって行くのだろうけどね。
作品作りよりもう少し記録に近く、でも、ちょっと飾っておきたくなるような。記録写真。そういうのが好きなんだなぁ(^^;。

投稿: | 2004/07/25 01:00

う、、、コメントが交錯、、、、、、
KTさんが、悪の道に引きずり込もうとしてきた(^^;。
とりあえず、その道には踏み込まないようにしているので、、、、、。
お金がかかることの優先順位に、カメラはなかなか浮上してこないんですよねぇ、、、、、。
明日ちょっと海水浴に行ってくるので、使い捨ての水中カメラ買いましたが(^^;。

投稿: | 2004/07/25 01:08

> ボクが言いたいのは、35mmくらいで開放で、パシャパシャ撮っちゃうと、それはほぼ全域にピンが来ている写真になってしまうわけで、うまくやらないと、平たんで何がテーマなのかよくわからない写真になってしまうよね、ってことで

ああ、そうか。レンジファインダーで撮るときと、一眼レフで撮るときの違いのひとつは、ピントに対する認識なのでしょうね。一眼レフはピントが合っていないの見えちゃうしね。私がBessaを使っている時は、ピントも露出もある程度諦めています。瞬間的に、あの二重像でピンを合わせるという人もいるかもしれないけど、「3mくらいかな?」と被写体との距離を考えるのですよね。ちょっと暗いと絞れませんから、距離がどのくらいか考える。そこに、被写体観察という副次的な作業が産まれているんじゃないですかね。

一眼レフはファインダのぞいてナンボでしょう。MF一眼だと先に距離見るかもしれないけど、EOSなんかだと、とりあえず一回AF合わせておいて、被写体が動かないものだったら置きピンしたりして撮るんですよね。

で、コンパクトカメラだと、「距離」って概念はほぼないですよね。レンズ向けりゃ写るんだから。

ああ、何を言いたいのかわかったような気がする。「(レンジファインダーで)写真が難しくなる」という発言がたしかあって、それが「撮影技術」を意味するもののように感じたので。ま、つまるところ、どっちでもいいんですが(^^;;。

親がパソコンを買い換えたい(画面が大きいのにしたいのだそうです)というので、今日は買い物に行ってきます。

投稿: れん | 2004/07/25 14:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EPSON R-D1:

« TV版世界の中心で、愛をさけぶ、4回目 | トップページ | iPod mini発売日 »