« 編集部の環境 | トップページ | タワレコ »

2004/06/01

世界の中心で、愛をさけぶ

まいど、映画の日です。

本日のお題は「世界の中心で、愛をさけぶ」。本めちゃめちゃ売れてしまいましたね。
ボクも読みましたぁ。まぁ、普通の軽い恋愛小説。薄いし。
で、行定監督、坂元脚本で、映画化ですよ。
「まぁ、恋愛映画からは、得るものは何もないね」と、帰りの車で言って、ウチの奥さんに「何ちゅーこと言うねん」と叱られました(^^;。

美しかったし、よくできていたと思います。
なんたって、長澤まさみ、サイコーーーー!!!めちゃめちゃかわいい、美しい!!
最近は、ミムラにしろ、天花ちゃんにしろ、スラリとしたきれいでかわいい女の子が、バンバン出てきますねぇ(^^;。

でもなぁ、「愛」を感じる映像というのは、かなり非現実的だったり、究極だったりのシーンをリアルに描けていたり、必然的に表現されていたりの場合ですからねぇ。
日常の愛の表現などは、ドラマ上で、おかしな解釈ではない限り、たいていは考えられているので、正解なわけで、、、、。そこに、あまり感動はない。
やっぱ、映画でも、マンガでも小説でも、ボクが予想していなかった展開と、知らなかったやり口。そういうのに当たった時に感動が生まれます。
「うまい」と思わせるセリフと、「あ、それわかる」というシーンなどなど、ラブストーリーに必要な要素は、テレビドラマなどでも、ツンと突き刺さるものはしょっちゅうあるわけで、、、、。
そういう意味で、「世界の中心〜」は、まぁそれなり、、、、ということになりました。

そうそう、カメラは、篠田昇さんなんですが、この人は岩井俊二モノなどで、よくお目にかかっている人で、好きです。
この人の映像は、被写界深度が浅く、ピンの来ている狭い範囲がどんどん移動して行くんですが、あれって、オートフォーカスなんかじゃないんだよねぇ、たぶん。 すごいなって思います。
静止画の写真でも、1点にピンが来ているものは、何か意志を感じますもんねぇ。

それからそれから、この映画、原作が愛媛県の宇和島が舞台だというので、松山出身で宇和島の隣町で仕事をしていたこともあるウチの奥さんが風景を期待して行ったのだけど、宇和島でのロケは、ほぼなし(祭りのシーンはそうかと思ったけど、パンフにクレジットがないなぁ)、ロケの中心は香川県で、病院のシーンは松山市の県庁の古い建物を病院に見立てていた。松山の路面電車とかもちょいと登場。
あと、伊予高校が舞台だったみたいなんだけど、行ったことないので、どれがそうなんだかよくわからない(^^;。
原作もそうだけど、あまり地域性を出さないようにしているみたいね。

もう少し早く行って、「キューティーハニー」もハシゴで観れば良かったかなぁ、、、、。
あ、「キューティーハニー」は、うちの6年生と一緒に観る約束をしてるんだった(^^;。あぶないあぶない。

|

« 編集部の環境 | トップページ | タワレコ »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

ああ、篠田昇だったんだ。それは観たい。

投稿: れん | 2004/06/02 00:49

なんだか、テレビドラマ化するみたい。。。。
7/2TBS10時から
サクが山田孝之、アキが綾瀬はるか。だって。

投稿: | 2004/06/02 01:02

わたしも行ってきましたよ(笑)
今回の長澤まさみってどことなく竹内結子に似ていると思ったのはわたしだけ?(^_^;)
まぁロボコンも観るべきですね。レンタル中です。

しかし、男ってのは惚れた女に、たいしたことはしてあげられないんだなぁとしみじみ(笑)

投稿: かたこり | 2004/06/02 01:47

う〜ん、ボクは竹内結子というよりは、小泉今日子を大人っぽくしたみたいだなぁ、と思った。
そう言う意味でも、すごくいいです(^^;。
ロボコンもぜひぜひ観なくちゃね。

あと、行定さんの作品、もっとちゃんと観なくちゃいけないなぁ。「GO」くらいだもんね、あとJamFilmesの中の短編と。

投稿: | 2004/06/02 12:56

そうそう、律子の子役。誰だっけ〜〜〜〜と、ずっと持っていたんだけど、思い出したよ。「14ヶ月」っていう、高岡早紀が薬を飲んでどんどん若返っちゃうドラマで、高岡早紀より前に薬を飲んじゃった友達の役だった。
あぁ、「仄暗い水の底から」にも出てたねぇ、そういえば。

投稿: | 2004/06/02 13:08

行定監督の『贅沢な骨』もですね。麻生久美子ちゃんが出てます(笑)
あとあれだ『きょうのできごと』。ヤイコね(笑)
あゆの『月に沈む』もよかったなぁ。
ロケ地はここらしいですね。
http://www.town.aji.kagawa.jp/eiga/aitop.htm

投稿: かたこり | 2004/06/02 13:45

このサイトはいいね。いろんな映画のロケ地になった町は、こういう宣伝をするといいのにね。
そうか、祭りも、この庵治町だったんだ。

投稿: | 2004/06/02 17:57

a-Blogでトラックバックが出来るようになったので、テストさせてもらいました(^^ゞ

投稿: かたこり | 2004/06/03 09:33

こっちからもトラックバックしてみました(^^;.
まだ本格稼働ではないのね?

投稿: | 2004/06/03 10:16

> なんたって、長澤まさみ、サイコーーーー!!!めちゃめちゃかわいい、美しい!!

なんていうか、この物語のアキという少女とはちょっと違う感じがしました。なんでしょうね。私の少ない人名ストックからだと、池脇千鶴だったら明らかなミスキャストなんだけど、「長澤まさみじゃなくても成立した気がする」という感じがしてしまって…。

投稿: れん | 2004/06/07 01:40

ボクの印象。
原作の亜紀は、もっと知的で、ちょっといじわる。
映画の亜紀は、すっと突き抜けた笑顔と、しなやかなボディで、知性よりも感性が鋭い感じ。
確かに、いろいろな亜紀が存在するとは思います。
でも、ボクはこの映画で「長澤まさみ」に出逢ったぞ、って感じがする(^^;。
ただ、坊主頭は、似合っていなかったね、彼女。
坊主頭は、三船美加(字、あってるかな?)の方が似合っていた。

投稿: | 2004/06/07 03:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/694629

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ:

» 映画の日『世界の中心で、愛をさけぶ』 [a-Blog v1.0b4]
というわけで今日は映画の日。すっかり忘れ気味だったんですが『 [続きを読む]

受信: 2004/06/03 09:28

« 編集部の環境 | トップページ | タワレコ »