« ひまわり | トップページ | 健康診断後 »

2004/06/10

PENTAX AUTO110

世界最小の一眼レフカメラ。
新宿のマップカメラで、フルセット3万円也のものを友人が買った
いやはや、何でそんなに安いの?と思ったら、どうも逆輸入ものらしく、マニュアルが全て英語。
ボクが使っているPENTAX Super Aと、ほぼ同年の製品なので、いろんな部分にデザインの共通性があって面白い。
しかし、大昔に実機は触ったことがあるけど、質感、重量共に、とてもいい感じ。パッと見はおもちゃっぽいけど、一眼レフカメラなんだなぁ、、、と納得させられるできばえ。で、これが程度がすばらしく良く、ほぼ新品なんだよね。

もう何年も待っているんだけど、、、このサイズでデジタル一眼レフ。
PENTAXさん、よろしくお願いしますよ。多分多くの人から要望が集まっているはず。
コンパクトデジカメがすごく小さくなっているのだから、極小一眼もできるよね?
何年かかってもいいから作ってほしいなぁ。微妙に大きいのは不可よ(^^;。

|

« ひまわり | トップページ | 健康診断後 »

写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX AUTO110:

» ポケットサイズの高級一眼システム PENTAXauto110super [ギンエンジン]
 PENTAXsuto110superは前身のauto110の改良型で、1984年に発売された。110フイルムを使うポケットサイズながら、6種の交換レンズ、ストロボ、ワインダーの準備されたシステム一眼レフである。 35mm判の一眼レフをそのまま小さくしたようなミニチュア感がありながら、さ...... [続きを読む]

受信: 2005/05/11 05:52

« ひまわり | トップページ | 健康診断後 »