« クリムゾン・リバー | トップページ | 6月1回目のジム »

2004/06/08

Driven by Design

Apple主催のセミナー「Driven by Design」に、行ってきた。
OS Xを中心にデジタルデザインのワークフローを考えるってもの。
QuarkXPress6Jのデモや、AdobeCSのデモがあった。
さんざん待たせたQuarkは、やはり期待外れ。日本でのビジネスチャンスを、やはり放棄しているのだろうか、おかしな話だけど、そうとしか思えない。MacOSXネイティブのソフトにはなっているようだけど、イージーコンポが内蔵されたわけではなく、Base&Boxが内蔵されたわけでもなく、相変わらずのルビ、表組の弱さ、どこをとっても、QuarkXPressそのままのようだ。
日本語のツメを内蔵することは、必須だと思うのだけど、、、。違うのかな?
Version4が出る時に、日本の実情を全くリサーチしていないか、無視しているのが不思議だったのだけれど、あの時点で10万程度で、ドングルレスにしていれば、今の状況はかなり変わっていて、Adobeの優位などなかっただろうし、6が出るのも大きな拍手を持って迎えられていたんじゃないのかなぁ。
まぁ、言い尽くされた話ですが、、、、(^^;。

Adobe CSのソフト間の連携は、やはり魅力的。Photoshopをファイルビュアーにしてしまうというのは、普段から、わからないファイルはとりあえずフォトショにぶつけて、、、、とやっているボクなんかにとっては、待ってました。って感じだし、そこから各アプリを指定して開けるというのも良いこと。

おまけでやったAppleのMotionというモーショングラフィックが簡単にできるソフトは、なんだかな?って感じで、モーショングラフィックが作れるのはわかるんだけど、モーショングラフィックって、何のために作るの?って空気が会場中充満、、、、、、、。デモするターゲットが違ったんじゃない?(^^;

しかし、今さらではあるが、InDesignのお手軽ないろんな機能(ドロップシャドウとか)やオープンタイプフォントの異体字など、やっぱかなり便利そうだ。

|

« クリムゾン・リバー | トップページ | 6月1回目のジム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

デザインとしごと」カテゴリの記事

コメント

EPSの高解像度プレビューやIllustratorオブジェクトのドラッグ&ドロップによる編集、なんかも便利です。あと、QuarkXPressやPageMakerで出来た行送りの基準に相当するオプションが文字上端(ワードプロセッシング)、ベースライン(デフォルト)など、何種類かあるのと、行送り基準とは別に、文字揃えの基準を設定できるのが便利。

ただ、原稿書きながらやっていると、遅いです…。

投稿: れん | 2004/06/09 00:04

QuarkXPressにも高解像度プレビューがつくみたいですね。

投稿: | 2004/06/12 09:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Driven by Design:

» レイアウト(仕事の話) [CNL]
日中、田無に行って、本文フォーマットのいくつかの確認や相談など。前にカンプで版元 [続きを読む]

受信: 2004/06/09 00:29

» レイアウト(仕事の話) [CNL]
日中、田無に行って、本文フォーマットのいくつかの確認や相談など。前にカンプで版元 [続きを読む]

受信: 2004/06/12 04:36

» 【やっとでた】QuarkXPress 6日本語版 [▼△だからこんなもんだって▼△GA+blog▼△]
元記事⇒『遅かったのか、それとも間に合ったのか? QuarkXPress 6出荷開始』 クォークジャパンは24日、QuarkXPress 6日本語版の出荷... [続きを読む]

受信: 2004/06/25 00:09

« クリムゾン・リバー | トップページ | 6月1回目のジム »