« BookOff | トップページ | うん »

2004/05/28

CASSHERN

CASSHERN、5.26に行ってきました。新宿のピカデリー、伊勢丹の裏のとこ。
平日の昼間、いまどきCASSHERNなのに、席が半分くらい埋まっていてびっくり。
終わって出てきたら次回を観る人が列をなしていて、またびっくり。
さすが東京だなぁ。松山や北海道だと、こうはいかないねぇ。。。。

で、面白かったですよ。
でも、一般に評価されているそのまんま、映画としてみるのはどうかな、とも思った。
宇多田の旦那だと言うので、生まれて初めて邦画を観る人が、
これが日本映画なんだ、と思ったら不幸ですね、と誰かが書いていたけど、
それもまたそうかも。
映像、美しいです。
こんな美しい、はまった映像をスクリーンで
あまりお目にかかれないんじゃないかな、と思うくらい。
日の丸アングルを多用し過ぎだとか、言われてるけど、確かにそう。
ドラマチックな描写の嵐すぎ。キメカットの応酬ってな感じですね。
息を抜くシーンはほとんどないのに、途中で眠くなるのはなぜ?長すぎるから?

でも、DVDでもう一度じっくり観たい作品ではあります。

劇場公開ではなく、いきなりDVDとか、ネット配信のみとか、
そういう方法でやった方が伝説になり得たかもしれないのに、、、、。


歌舞伎町界隈は、TROY一色で、こんなもんまであってビックラ(^^;


|

« BookOff | トップページ | うん »

TVドラマ、映画、マンガ、小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33206/667776

この記事へのトラックバック一覧です: CASSHERN:

» 憎しみと闘い、愛とキャシャーン(CASSHERN)を見て思うこと… [takeratta::Blog+]
C A S S H E R N .com Appleのトレイラーはこちら。(要Quicktime)←ヘッドフォンのある方は是非使ってみて下さい! つい昨日、憲... [続きを読む]

受信: 2004/05/29 15:38

» 【禅問答】CASSHERNの瞳にうつるものは何?! [takeratta::Blog+]
CASSHRNの壁紙をダウンロードして、未だに余韻にひたっているtakerattaです。 ふとね、おもったの。 東鉄也(CASSHERN=キャシャーン)の瞳に ... [続きを読む]

受信: 2004/05/29 15:39

« BookOff | トップページ | うん »